不老不死は古来から人類のあこがれであり、古くから?ある研究がなされてきました。もちろん、それは現代でも同一のことで、さまざまな研究が世界中で行われていらっしゃるでしょうね。近年、大阪大学の研究グループにより発見されたのが、老化と共に血液中に増加していくC1qと言う物質です。C1qはタンパク質(筋肉を作ったり、体の構成するのになくてはならない栄養素です)の一種で、年齢が進むほど血液の中にC1qと言う物質が増えることが発見されたかもしれませんね。さらに、C1qを若いマウスに注射すると筋肉の再生力が老マウスみたいに低下することも発見されました。そして、逆にC1qを抑える事によっても再生能力が改善することも実証され、C1qという物質が老化促進物質であることが分かったのです。老化が進行したら癌や心不全などと言った内臓器官の病気が増えることは誰でも知ってるとおりだからといって、それらは老化が原因(これがあって結果があるというのが自然の摂理といえるでしょう)となっています。例えば、癌の場合は、細胞の再生能力が落ちて不良の細胞を作り出してしまうことが原因(これがあって結果があるというのが自然の摂理といえるでしょう)といわれ、年を取るほどその危険性が高まります。このように老化が要因で起きる色々な病気(予防することで発症や再発を防げることもあるようです)や免疫反応に、C1qが大きく関係している可能性が示唆されたそうです。逆に言えば、C1qを抑制することで老化が原因の様々な病気を予防できる可能性が示されたことになり、つまり、老化を抑制することが出来る可能性が出てきたためす。今後、C1qを抑制する薬の研究・開発が全世界で行われることは間違いないですよねー